ダイソーのペン立て。シンプルなデザインでたくさん立てられて丈夫

スポンサーリンク





たくさんの文具を立てられて、丈夫で長持ちしそうなペン立てを探していたら、ダイソーで見つけられました。

オシャレなデザインのものは、文具店や雑貨店等でお金を出せば買えますが、デザインは気にしないからたくさん入るもの、そして丈夫で安いもの!となったら、やっぱり100円ショップへ直行ですね!!

見た目がオシャレなものって本数が立てられないものだったり、落としたりしたら壊れそうで扱いに気を遣うようなものだったり、飾る分には良いけれど、あまり実用的じゃないこともあるんですよね。

大容量の半透明ペン立て

以前使っていたペン立てはとてもオシャレで良かったのですが、肝心なペンが1,2本しか入らないという、全く実用的ではないものでした。

それはそれで良かったのですが、何本ものペンをひとまとめにペン立てに立てておきたいと思って探したところ、ダイソーに理想通りの商品を見つけて大喜び。
出来るだけ無駄使いはしたくなく、可能な限り節約をしたいので、探し求めている商品が100円ショップにあると、天にも昇る心地になることがあります。大げさですが。

スポンサーリンク





それくらい、普段節約を頑張っている主婦等にとっては、100円ショップはありがたい存在なんですよね。

無印良品風?のシンプルデザイン

100円ショップで購入する時って、あまりデザインは気にせず実用性重視となるのですが、最近はデザインもシンプルなものや凝ったものが多くなってきていますよね。

このペン立てのデザインもなかなか良いです。
シンプルながらも半透明で、無印良品風?なんて思ってみたり。

いくら実用性、安さ重視でも、明らかに安っぽいものよりも、「え!?これで100円なの?」というデザインの方がうれしいですよね。

100円ショップアイテムなのに、「これ、いくらに見える?」と友達に聞いて、「500円!」なんて言われた日には、「うふふ」となりますね。

10年前から使っている人もいるペン立て

ダイソーで良い買い物できたな、と喜んでいたら、「10年くらい前から同じようなペン立て使っているよ!」という人もいてビックリ。

まったく同じものではないようだけど、大きさも素材もほぼ同じよう。
ダイソーの商品って気づいたら5年使っていた、10年使っていた、というのも多いですよね。

安くて長持ち、しかも10年も使えていたら、節約効果大ですね。
この先も何年も使えそうだし、耐久性があるようですね。

まとめ

ダイソーのペン立ては文具をたくさん立てられて、実用性に富んでいます。

またデザインもシンプルならが半透明でオシャレ。
100円ショップアイテムでも、最近は見た目のデザインも良くなってきていて良いですね。

10年以上も同じものを使っている人がいるので、耐久性も期待できそうです。

スポンサーリンク

5 件のコメント

  • I am not very superb with English but I come up this real easygoing to translate.

  • Neven Olivari wurde in Gradac, Dalmatien
    (Kroatien) 1932 geboren, studierte Medizin
    im Übrigen promovierte 1958 in Zagreb. Von Seiten 1960 bis
    1964 wurde er Gehilfe in jener chirurgischen
    Abteilung des Dreifaltigkeitskrankenhauses
    zusammen mit Chefarzt Dr. Schröder in Lippstadt. Im
    Mai 1964 wechselte er an die chirurgische Klinik
    des Lehrstuhls zum Vorteil von Chirurgie von Seiten Schink an
    solcher medizinischen Fakultät dieser Universität Köln,
    „wo er gleichlaufend in solcher Abteilung zum Besten von Plastische
    Chirurgie [Schrudde] aktiv wurde“ (Lösch
    et al. 2008). 1967 wurde er Facharzt bei Chirurgie
    mehr noch 1970 Oberarzt, danach leitender Oberarzt
    bis 1982 an solcher Heilstätte zum Vorteil von Plastische Chirurgie
    nebst Schrudde.
    5.2 Wichtige Entwicklungen
    im traditionsreichen Süden
    im Übrigen Norden Europas
    In Italien beherrscht Sanvenero Rosselli
    die Szene hinauf Deutsche Mark Sparte der Plastischen
    Chirurgie, in Königreich Schweden reichen Chip Forschungen
    Ragnells überdies Skoogs weitaus anhand ihr Land
    hinaus. Wichtige Zentren werden in beiden
    Ländern eingerichtet.

  • Über die Fabel der britischen Plastischen
    Chirurgie ansonsten des Verbandes welcher „BAPS British
    Association of Plastic Surgeons“ während der
    beiden Weltkriege ebenso der Zwischenzeit wird
    in solcher von Wallace, „Honorary Archivist to the
    Association“ herausgegebenen Vierzigjahresfestschrift
    inklusive vielen Finessen berichtet (Wallace
    1987).
    Zur gleichen Zeit denn Ganzer (1879–1960)
    in Berlin erbrachte Kazanjian in Etaples nahe
    Boulogne ferner den Frontlinien den wichtigen
    Beitrag solcher prothetischen Zahnheilkunde pro
    Chip Erstbehandlung jener Schusswunden des Gesichtes.

    Kazanjian war als Zahnchirurg Mitglied
    welcher „First Harvard Unit Attached to the
    British
    Expeditionary Force“ (Kazanjian and Converse
    1949).1920 kehrte er in Chip Amerika zurück, trat in
    die „Harvard Medical School“ ein auch weil wurde
    „einer der führenden Plastischen Chirurgen der
    Welt“ (Converse 1977).
    Dasjenige plastisch-chirurgische Arbeitsweise
    in Zeitdifferenz jener „Adoleszenz
    unter anderem des Wachstums“ 1918–1939
    übrige wichtige Finessen der Neigung
    des Konzeptes der Plastischen Chirurgie in den
    USA und auf internationaler Ebene bis zum Ende
    145 4
    4.1 • Die neue Wissen – Mann, Gillies, Converse

  • I read this article fully on the topic of
    the resemblance of hottest and preceding technologies,
    it’s remarkable article.